めぐさん、みなみさん、そしてシャーマンを応援し続けてくれたリスナーの皆さん、このたびは突然のシャーマン終了の件でお騒がせさせてしまい、大変すみませんでした。
 終了の理由については、いろいろと憶測が飛び交っているようですが、原因の元をたどれば、やはり自分自身の力不足であったことに違いありません。
 商業誌という大枠の中での連載は、一部の人気だけで支えられているほどないもの(わかりません)ではないですし、僕自身が何よりそう考えているので、「6年続いた作品だから」という理由での編集部の好意を、簡単には受け取ることができなかったのです。
 それでも、どんなに格好悪くても応援してくれる読者のために、最後まであがくべきだ。とも考えましたが、それを戦い抜くには、あまりにも心の支えが足りなかった。
 ここはやはり、僕自身の力不足。本当に申し訳なく思っています。
 
 さて、ここからが本題。
 問題のあのラストですね、  プリンセスハオ  一見ふざけているようですが、あれは自分なりに考えに考えた、とりあえずの結末です。
 ことの流れを追っていけば、シャーマン終了の宣告を受けたときには、時すでに遅し。
 残りの8週でまとめきれるページは、僕には残されていませんでした。
 無理にでもたたもうと思えば、それは、たやすくできたのですが、ダイジェストによっての結論だけが見えるのでは、そこにはまるで意味がなく、この作品にとって一番大切なことは、そこへ至る過程だと考えたからです。
 それはただの、わがままかも知れないけれど、僕の中には葉とハオ、それにアンナやみんなの最後のふんばりのイメージが、しっかりとありました。
 こればっかりは絶対、省略したくなかったのです。
 そうして、中断という道を選ばざるをえなくなったのですが、とりあえずの結末は必要で、それならまず現状だけは、はっきりさせておこう。という考えに至り、あの形になったわけです。
 もちろん簡単には理解できないことだとは、わかってはいるし、実際賛否両論、大いにあったことと思います。
 ただひとつ、そこで考えて欲しかったのです。
 なぜ、ハオがお姫様でなければいけないのか。
 本当に強い心とは何なのか。
 アンナも一応の答えは言っています。
 でもそれにはどんな意味が込められているのか。
 少年漫画誌において、わかりづらい作品を描く自体、問題で、実際中断という残念な形になってしまいましたが、それは、それを考えてもらう、よい時間ができた。と、とらえることができるかもしれません。
 「ものは言いよう」一見イメージの悪い言葉ですが、問題はそれをとらえる自身の中にあります。
 言い換えれば、なんだってなんとかなるんです。
 「なんとかなる」葉のこの言葉に嘘はありません。
 あきらめない限り、起こりえるものなら絶対に。
 
 それでは、長くなってしまいましたが、この作品を応援し続けてくれた皆様、今まで本当にありがとうございました。
 いつかどこかで、続きが書けることを願っています。
 お元気で。













林原:何度も力不足力不足と言う言葉がでてきましたけれども

高山:そんなことはないですよね

林原:ないと思いますね

高山:なんかこう
今ねこんなかでひっかかってその解りやすい作品って言うのもいいんだけど 何?なんで?っていうとこをバンっ
するって言うのも送り手の義務な気がする


高山:それもあるよね全部が全部こう説明されちゃってて解りやすいって言うのだけじゃないよね

林原:それはそれで必要だし
そう言う作品も世にはいっぱいあるけどそうじゃない だから結末が人によってとらえかたが全然違う
こうじゃないかああじゃないかって言うのを投げ掛けるって言う
それは誰しも投げ掛けるっではないから
私もかなりいろいろうえー?って思いました

高山:うえーって思ったけどね

林原:ただねその仏ゾーンって作品をこの作品の前に書かれてるんですけど
終わってずいぶんたってから今CDドラマ化されてたりとかねするし
なんかねしかも気になるのがこう葉君蜜柑もってるんですよね



高山:そうそうそう
あの蜜柑は変ですもんねね
林原:なんで蜜柑!?
高山:なんで蜜柑!?だもんね


林原:だからまたこうあの自分なりの整理がついたりとか場所があったりとかこう言うことを描きたいって衝動がムクっとわいた時に絵を描くなり眠るなりしたいかなと思いますけどね


この後林原さんはアンナやオパチョなどキャラと同化することによって救われたと言ってました。
高山さんはどうしてこうなったんだろうとコミックスをがーっと読んで消化したいと言ってました

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット